水中ライト・水中ノート・スレートについて

水中ライト

水中で使用できるよう防水構造になっているライト。 水中では光の減衰率が大きい為、陸上で用いるライトよりも強力なライトが必要となる。

光源の種類は様々で、強力な物だとH.I.D(メタルハイドライト)やハロゲンライトが、手軽な物としてはLEDがある。前者は撮影用ライトなどに、前者はダイビング用ライトとして多く用いられる。


水中ノート・スレート

撮影器具や水中ライトなどの精密・電気(電子)機器は、水に対して弱い性質のものであるため防水構造とする必要がある。

防水は主にOリングなどのガスケットを用いて行われるが、機器が複雑・精密になればなるほど少量の浸水も許容されない(本質的な許容量のみならず、
浸水により破損した際の経済的ダメージも大きい)ため、より高度な防水構造を備えざるを得ず、機器自体の価格も相俟って非常に高価なものになる傾向がある。

Wikipediaより

ダイビングに関する本の紹介

イルカと、海へ還る日 (単行本)
ジャック マイヨール (著), Jacques Mayol (原著), 関 邦博 (著)

本の内容
フリーダイビングの覇者、J・マイヨールが海の青に包まれて感じたのは「懐しさ」。深海へ挑む男たち、ペルー高地実験、そしてイルカへの愛情……。これは海への回帰か。「グラン・ブルー」を生んだテクスト、初邦訳。

これほどにイルカに愛され、イルカを愛した人間がいただろうか?かつて、人は水深60メートルを超えて素潜りすると、水圧によって死に至ると考えられていた。J・マイヨールは生理学の常識を打ち破り水深105メートルへ到達してなお、グラン・ブルーの海へ潜るフリーダイビングの王である続ける。

Amazoneより
posted by ダイブマスター at 16:22 | グァム ☀ | 水中ライト・水中ノート・スレート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。